森と緑の未来を創造する

森の活動ブログ

今年もゴーヤ栽培を始めました!!

毎年挑戦しています、ゴーヤの栽培を始めました。日差しを遮る「緑のカーテン」で今年も涼をとりたいと思います。

ゴーヤの花言葉は「強壮」です。実が成ったときには、食して夏バテを防いでいきましょう。また、作業中の水分・塩分補給もしっかりと取りましょう。

615日(苗の植え付け、設置)

   

 

また、コスモスも栽培しています。コスモス全般の花言葉は「乙女の真心」・「調和」・「謙虚」と言われています。赤・白・ピンクの花の色によっても花言葉があり、どの色の花が咲くか楽しみです。

 

投稿日:2020.06.24

京都府立林業大学校インターンシップ研修

令和2年3月2日(月)~6日(金)の5日間、京都府立林業大学1年生(8期生)3名がインターンシップ研修に来てくれました。

測量業務・間伐作業・森林及び作業道調査など森林組合の仕事、役割の一部を経験してもらいました。学校で学ぶ事と実際の現場での作業との差に戸惑いながらも一生懸命取り組んで頂きました。学ぶ事・経験する事を糧に成長し続けていく事を願っております!

 

林大生からのお礼のお手紙を頂きました

京丹波森林組合

代表理事組合長 樋口 義昭 様

前略 この度のインターンシップ研修におきましては、お忙しいところ時間を割いていただき、誠にありがとうございました。また、きめ細やかな心配りや御指導をいただき、心より感謝申し上げます。

選木作業や間伐作業では、山の歩き方や伐倒などについて学ぶことができ、植林作業の後に何を行うのかについても教えていただき、貴重な経験となりました。

また、測量の際は機器の扱い方や測量の際に気を付けることなどの作業に直接関わることだけではなく、なぜ測量を行うのか、測量をしない区間がある理由なども教えていただき、とても勉強になりました。

今後は、京丹波森林組合様より御教授いただきました貴重な体験を糧とし、日々精進してまいりたいと存じます。今度とも御指導くださいますようお願いいたします。

末筆ながら、貴組合の益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。

草々

令和2年3月13日

京都府立林業大学校 久納 直己

 

********************************************

 

京丹波森林組合

代表理事組合長 樋口 義昭 様

前略 この度のインターンシップ研修におきましては、お忙しいところ時間を割いていただき、誠にありがとうございました。また、きめ細やかな心配りや御指導をいただき、心より感謝申し上げます。

研修では、事前の要望を最大限聞き入れてくださりありがとうございます。研修の中で、特に作業道の設計について、ルートの選定のことや経費と作業効率のこと等、様々なことを教えていただき、理解を深めることができました。今回のことを糧とし、今後作業道に携わる際、思い起こせるようにしていきたいと思っています。また、指に怪我を負った状態での研修だったため、多くの御迷惑をおかけした点もありましたが、5日間を無事に終えることができました。それには皆様方の厚い配慮とご指導があってのことだと思っており、重ねてお礼申し上げます。

今後は、京丹波森林組合より御教授いただきました貴重な体験を糧とし、日々精進してまいりたいと存じます。今度とも御指導くださいますようお願いします。

末筆ながら、貴組合の益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。

草々

令和2年3月16日

京都府立林業大学校 岡田 拓也

 

********************************************

 

京丹波森林組合

代表理事組合長 樋口 義昭 様

前略 この度のインターンシップ研修におきましては、お忙しいところ時間を割いていただき、誠にありがとうございました。また、各専門分野の職員さんたちにきめ細やかな心配りや御指導をいただき、心より感謝申し上げます。

研修では、選木調査・搬出間伐・測量について学ぶことができ貴重な経験となりました。また、搬出間伐では、チェーンソーの目立て、玉切りなど多くの助言をいただき課題を見つけることができましたので、今後上達できるよう日夜努力していきたいと思います。山の作業はまだ経験が浅く、御迷惑をおかけしましたが、5日間を無事に終えることができましたのは、面談を行い私たち1人1人の希望を聞き配慮してくださった京丹波森林組合の皆様方の御指導があってのことだと思っております。また、同じ地元ということもあり、温かく気さくに話しかけてくださり、組合長並びに職員さんFKさんの皆様方に重ねてお礼申し上げます。

今後は、京丹波森林組合様より御教授いただきました貴重な体験を糧とし、日々健康と安全に気を付けて精進してまいりたいと存じます。今度とも御指導くださいますようお願いいたします。

末筆ながら、貴組合の益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。

草々

令和2年3月16日

京都府立林業大学校 清水 省吾

 

投稿日:2020.04.08

第65回通常総代会を開催いたしました

令和2年3月14日(土)午後1時30分より、和知ふれあいセンター1階アリーナにおいて第65回 京丹波森林組合通常総代会を開催いたしました。開催するにあたりまして、全国森林組合連合会より京都府森林組合連合会を通じ、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から総代会の規模などを縮小し、定款に基づき開催するよう連絡がありました。例年総代会当日には、100名余りの総代の皆様がご出席され開催しておりましたが、本年度につきましては、書面による議決権の行使を優先していただきました。

また、議案の審議におきましても各提出議案の説明など、少しでも時間が短縮できるように努め、本人出席 43 名、代理出席 4 名、書面出席 130 名の計 177 名の総代の皆様のご出席により開催いたしました。

議長には、丹波地区  須地区の中野 肇 様が選出され、総代の皆様には第1号議案から第9号議案について慎重にご審議いただき、すべての議案が原案通り承認されました。

 

 第1号議案

令和元年度 事業報告、貸借対照表、損益計算書、剰余金処分案、注記表及び附属明細書承認について

第2号議案

令和2年度 事業計画書承認について

第3号議案

令和2年度 取扱手数料、証明手数料徴収額及び徴収率決定について

第4号議案

令和2年度 借入金最高限度額決定について

最高限度額 8,000万円以内 但し、制度資金を除く

第5号議案

余裕金預入先金融機関決定について

京都農業協同組合、京都銀行、京都北都信用金庫

第6号議案

令和2年度 理事14名の報酬額決定について

一金 950万円以内

第7号議案

令和2年度 監事3名の報酬額決定について

一金 50万円以内

第8号議案

一組合員に対する貸付金額の最高限度額決定について

一組合員に対し払込み出資金の20倍以内で200万円以内とする

第9号議案

役員任期満了による改選について

 

投稿日:2020.04.01

森林教室 Vol.2

令和2年2月26日(水)に京丹波町立竹野小学校5年生3名の社会見学を実施しました。

搬出間伐現場と製材所に見学に行きます。

搬出現場にて...

この日は、作業が進んでいるので、車を使って奥地の現場まで向かいます。

お世話になる作業員の方達の紹介とご挨拶。大人達に囲まれて少し緊張気味なのかな?ちょっとドキドキです。

高性能林業機械ハーベスタを使って、4mに伐採します。何本できるかな~?

エンジンが止めてある機械に乗って、体験することができました。

こうして動かして作業するんですね。なるほど~。

 

製材所にて...

続いて製材所の見学です。

先程、間伐した木の皮が、機械を使って剥がされていきます。人の手だと時間がかかるだろう作業も、機械だとスルスルスル~と一瞬です!!色んな機械がありますね。

皮を剥がした木を今度はカットします。よく見る四角い形の木材ができました。

その木を最後にカンナで削ると、商品となる材のできあがりです。職人さんが削ってくれた木はツルツルしていて触り心地も違いました。

さて、竹野小学校の生徒との授業はこれが最後です。

森林教室の授業を通して、皆さんの身近にある森林に少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

投稿日:2020.03.17

森林教室 Vol.1

令和2年2月12日(水)に京丹波町立和知小学校4年生10名が、搬出間伐現場に社会見学に来てくれました。

令和元年11月29日(金)の森林教室に引き続いた学習の一環になっています。今回は搬出間伐現場に来てもらうことで、山林にある樹木から、どのようにして木材にまで加工されているのかを見学してもらいました。

搬出現場にて...

現場までは歩いて向かい、木はどれぐらいの高さになるのかな?なんて言いながらワイワイ・ガヤガヤと賑やかに向かいます。

間伐現場に到着です。今日お世話になる作業員の方達の紹介とご挨拶。小学生からも大きな声で号令がかかりました。

「よろしくお願いします!!」

チェーンソーや高性能林業機械 ハーベスタでの伐倒の瞬間には、大きな歓声があがりました。伐倒した木は、早速生徒達のイスに早変わり。

 

最後は、今日お仕事を教えてくれた作業員の方達への質問で、たくさんの質問の声があがりました。ありがとうございました。

     製材所にて...

さて、次は場所が変わって製材所を見学しに行きました。

先程、間伐した木が、切られて四角い木になっていました。

丸太は道具を使うと動かすことが出来ましたが、ない場合だと転がすことも難しかったです。

 

木を繋ぐときに使われる釘を実際に打ってみました。力を入れ過ぎちゃうと的を外してしまうし、慎重に打つとなかなか刺さらない。でも、皆さんなんとか打ち付けることができました。

 

 

投稿日:2020.03.17

令和元年度「緑の雇用」森林の仕事ガイダンス

令和2年2月23日(日)に大阪府 梅田で大阪府・京都府・滋賀県・和歌山県の2府2県のエリアを対象に、林業に興味のある方、林業に転職を考えている方への相談会が開催されました。昨年に引き続き、京丹波森林組合も仲間を求めて参加しました。

当日はマスク着用を義務づけられるなど、ウイルス感染拡大防止を徹底される中、大勢の方が熱心に林業について相談に訪れてくれました。

     

投稿日:2020.03.17

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます

2020年の新春をすこやかに、お迎えのこととお慶び申し上げ、皆様のご健勝ご多幸を心よりご祈念いたします。

旧年中は、組合員の皆様をはじめ、各行政区の林業推進委員様には、四年目となりました「京丹波森林組合中期計画」の取り組みにおきまして、引き続き搬出間伐施行地の境界明示等、ご協力いただきほぼ計画通りに実施できましたこと厚くお礼申し上げます。また、総代の皆様には次期役員候補の選出にあたり、各ブロックでご相談等を進めていただいておりますこと、大変お世話になりますが宜しくお願い申しあげます。

さて、昨年は平成から令和へ移り変わり、私達森林組合系統にとりましては、新しい時代に変わる時、「森林経営管理法」の施行、そして「森林環境税」も創設されたこと。更に「森林環境譲与税」につきましては、既に各自治体へ初配分され、大きな期待をしていましたこのような施策が実施されましたことは、林業界におきましても新たな時代へ移り変わる元年となりました。

当森林組合におきましては、全国各地の森林と同様に京丹波町の森林も人工林資源(スギ・ヒノキ)が利用期を迎え、町有林におきましては既に平成28年度より計画的に立木を皆伐し、循環する山づくり(伐る・使う・植える・育てる)を進める中で、毎年木材生産にかかるコスト(経費)の分析調査と、皆様が所有されています森林でも循環する山づくりが普及できますよう、取り組みを進めているところであります。

そうした中、木材価格は近年大幅に上がることも無く、ほぼ横ばい状況であり、このような時に長い年月をかけ立派に育ったスギ・ヒノキを今伐採することは、無茶な取り組みと思われる方もおられるかと思います。

しかし、木々も近年では毎年発生します異常気象による豪雨や突風、また予想以上の強い台風には耐えられず、その直撃を受けた森林では広大な区域で倒木や折損木となり、無惨な森林となった状況をよくニュース等で見かけるようにもなりました。このような悲惨な状況となった森林を復旧するには、多額の費用を要することとなり、倒木等した木々は殆どが価値を無くしてしまいます。

やはり森林の機能を活かし、長年育てた大切な立木の価値を活かすためには適期となれば伐採し、森林が循環する取り組みが必要なのです。

特に今伐採を行っている町有林につきましては、これまで多くの町民の皆様の出夫により春の植林から、暑い夏の下刈、秋には除伐枝打ちと育てられてきた大切な森林であります。このように皆様により育てられたスギ・ヒノキ林を森林組合の若い技術者が伐採し、搬出をさせていただいております。

また搬出しました材につきましては、京丹波町の新庁舎の建設用材として利用され、本当に価値のある地産地消の取り組みともなっています。

このように大切な仕事を森林組合に与えていただくことは、若い技術者が伐採等の高度な技術の習得ができるとともに、京丹波町の森林を守る立派な林業後継者として育ってくれることになります。本当に皆様方のご理解ご協力をいただいておりますこと、厚くお礼申し上げます。また町のこうした取り組みに魅力を持ち、府外より京丹波町へ移住した若き林業後継者が、伐採跡地での植林や下刈等、育林作業にも努めてくれていることもご報告いたします。

また、昨年の11月には、府内では唯一公有林で循環する山づくりを行っている京丹波町の皆伐現場を、京都府府会議員様をはじめ多くの林業関係者の方が町有林の現場まで出向き、人力での伐採、高性能林業機械を使用しての木材の搬出状況等を視察し、今日の林業情勢の中で、府内各市町村の森林においても循環する山づくりが今後普及するよう、必要となる新たな施策も検討していただく機会を持っていただきました。

2020年におきましても引き続き京丹波町と連携し、伐期を迎えた人工林資源の循環利用に努め、生産される木材は可能な限り地産地消が図れるよう計画的に取り組みを進めていきます。伐採跡地には適地適木の植栽に努め、健全な森林のサイクルが年々進むことで、安定した仕事量も確保でき新たな雇用にと繋がります。

また、「森林経営管理法」に基づく新たな森林管理システムも2年目となり、他府県においては初年度より森林所有者への意向調査も始まっています。当森林組合におきましても、今日までの「森林経営計画」認定団地における森林の集約化の経験も活かし、昨年末に京都府へ申請を行った「経営管理実施権」の設定も受け、新たな森林管理システムに基づく京丹波町の森林づくりに、町より委託されるよう努めることとしています。

本年も、皆様のご指導ご支援をお願い申し上げ、新年のあいさつといたします。

京丹波森林組合

代表理事組合長 樋口 義昭

投稿日:2020.01.17

~森林学習PART2~

令和元年11月7日(木)と29日(金)に京丹波町立和知小学校4年生を対象に、森林学習の場を頂きました。

7日(木)

京丹波町立和知小学校の教室で「森林の働き」を学習してから、小学校裏山に造成しました「森林環境実験林」を活用して、荒廃した箇所と腐葉土が堆積した箇所に人工的に雨を降らせて、「緑のダム(水源涵養機能)」「災害を防ぐ(土砂災害機能)」について勉強しました。

 

ここここここここここおここここここここここここここ(丸太切り体験)

大きな木の年輪を数えたり、皆で力を合わせて丸太切り体験をしたりと、山に来て、間近で見て、木に触れてもらうことが出来ました。

29日(金)

今回は、女性役員の取組の一つということもあり、まず、女性役員さんからご挨拶!京丹波町役場地域おこし協力隊の岩井氏に樹木インストラクターをお願いし、軍手とヘルメットを被って出発です!!!

樹木観察をしながら山頂を目指します

地域おこし協力隊の岩井氏と一緒に、樹木にまつわるお話を聞きながら、山頂を目指します。

  

帰りの道のりで樹木につけてもらうことになる名札を配りながら登りました。子どもたちの間で、競い合うように手が上がっていました。「この木は毒?」身近にある毒についても興味津々の様子です。

山頂にて

山頂では、方位を記入した切株を設置したり、地元の方から歴史のお話を伺ったり、記念植樹、鳥の巣箱を設置したりとたくさんのイベントを体験して頂くことができました。

 

こここっこここっここここここここ(切株を設置!!)

(山、森林、樹木の事に加えて、地元の方から地域のお話を聞く事もできました。)

(鳥の巣箱を設置!!森林の働きの一つ「生き物のすみ家」)

(女性役員さんと力を合わせてさつき苗の植樹!!)

いよいよ下山します

行きの道のりで教えて頂いた樹木に名札を付けて行きました。

 

最後は女性役員さんからキーホルダーが贈呈されました。

森林学習をとおして子どもたちに自然に興味をもってもらえればと思います。

投稿日:2019.12.26

~森林学習PART1~

令和元年11月21日(木)に京丹波町立竹野小学校5年生を対象に、森林学習の場を頂きました。

今年は千葉で台風の被害もあったこともあり、土砂災害防止のことについて勉強しました。

ここ(真剣にお話を聞いて勉強!!)

お仕事で着用するヘルメットやイヤーマフを試着。

(どうです、恰好いいでしょう??)

最後に今日学んだことを振り返ってもらいました。みんなしっかり覚えておいてくれたようで、嬉しいです。

教室での授業が終わったら、次回は現場でお勉強です。3学期に、また会えるのを楽しみにしています。

 

投稿日:2019.12.26

中学生が職場体験に来てくれました♫

京丹波森林組合では毎年、和知中学校の生徒の職場体験を受け入れており、森林組合で働く人達がどのような仕事をしているか、山の中での作業現場を見学し、自ら作業の体験もしてもらっています。

令和元年11月13日~15日の3日間、和知中学校2年生の隅山 珀空君と川邉 勝哉君が職場体験学習をしてくれました様子をお伝えします。

1日目(13日)

京丹波町西河内の町有林の皆伐現場にいき、高性能林業機械による作業の様子をまず見学しました。

↑ 「すごい!」と二人とも、大きな重機が

立木を造材(切った木の枝を切り、一定の寸法に玉切りして丸太にする)していく姿をみて驚いてました。

↑ 実際に高性能林業機械に試乗し、作業の雰囲気の体験!

(エンジンは掛かってません)

次に土場といった、山で切られた木が一時集められる場所に行き、二人で木の長さを測る検収作業を体験してもらいました。

 

(二人で材の長さの検収中)        (メジャーを使用して材の直径を計測)

2日目(14日)

午前中は森林作業道の測量作業をしました。

↑ 測量器具の操作方法を真剣に聞いて、、、、

二人で協力し測量!

午後からは山での森林調査。調査区域100㎡の囲い(半径4mの円を2つ)を設けて、その中の木の本数を読み、1本ごとの胸高直径・樹高を調べる作業を行いました。

 

じじじじじじ (胸高直径を測定中)          (樹高を測定中)

最終日(15日)

瑞穂農林・日新製材所(和知工場)・綾部木材加工センターの3箇所を訪問し、山から間伐材が運搬・製材されて製品に至るまでの工程の流れを学びました。

 

 じじじいじじじじじっじじじ(目を輝かせながら見学中)

最後は、木工作業で巣箱を5個作ってもらいました。

 

(二人とも黙々と巣箱を作製中!)   (記念に二人の名前も巣箱に記入!)

(作製した巣箱と一緒にハイチーズ!!)

今回、作製してもらった巣箱は、和知小学生の森林学習を行う場所に生徒達が設置しました。

 

森林組合での色んな作業を体験してもらった、濃い三日間だと思います。今回の職場体験を通して大自然の中で働くことの大変さ、またその楽しさも感じてもらい将来の仕事について考えるきっかけになれば幸いです。二人ともお疲れさまでした!

投稿日:2019.12.26

京丹波森林組合

本所
  • 〒629-1121
  • 京都府船井郡京丹波町本庄木下9番地
  • TEL. 0771-84-0086
  • FAX. 0771-84-1018
  • 営業時間 月~金 8:00~17:00
  • 定休日 土日祝(第1土のみ8:00~12:00)
QRコード
SSL GlobalSign Site Seal